エラスチン サプリ

エラスチンの効果と副作用について

 

エラスチンというのは肌の真皮で働くタンパク質の一種であり、コラーゲンとの組み合わせにより美肌を維持する上で非常に重要なものだということを覚えておきましょう。そもそもこのエラスチンはコラーゲンについで多く身体に存在しているものであり、組織内だと不溶性の物質になり、性質によってコラーゲンより情報は少ないのですが、これからも研究が進みどういったものか次第に分かっていくでしょう。ただ現時点でも多くのことが分かっていますので、どういったものなのかについて説明します。

 

エラスチンというのは加齢により減少していく物質であり、減少していけば肌の老化に繋がってしまうということになります。ではどういった効果があるのかというと、ゴムのような伸縮性や弾力があるということが性質の一つになります。またこのエラスチンは肌だけではなく、靭帯、腱、血管壁にも存在しており、この特性を生かしています。柔軟性があるのはエラスチンのおかげであるということを覚えておきましょう。

 

ではこのエラスチンがどうして減少していくのかというと、主に紫外線やストレスによって発生する活性酸素が減少していく原因と言われています。また喫煙なども影響しているといわれています。今ではサプリメントなども販売していますが、オススメとしてはエラスチンを取り入れる場合はコラーゲンも取り入れるようにしましょう。もちろん食事でも取り入れることが出来るので、食事を見直すようにするといいでしょう。

 

エラスチンと身体の関わりとは

 

人間というのは加齢で老化していくのはやはり嫌なものですが、この老化と深く関わりがあるエラスチンについて知っていますでしょうか。加齢によってこのエラスチンというのは減少していきますが、減少していくことによって見た目年齢がどんどん高まっていきますので、それがどうしてなのかということについて説明します。

 

そもそもエラスチンとは何かというと、これは皮膚、血管などの弾力性を維持するタンパク質の一種であり、性質として伸縮作用があり、肌の柔軟性をコラーゲンとともに維持しているものになります。コラーゲンに絡みついていることでハリなどを出すものですが、加齢と共に減少していくということも併せて覚えておくといいでしょう。

 

全身の弾力を維持しているエラスチンというのは血管にも関わりがあり、人は血管と共に老化するなんていう言葉がありますが、血管が老化してしまえば全身に栄養や酸素が届かなくなってしまいます。ですがエラスチンの弾力性があることによって血管が伸び縮みして血液を全身にしっかりと循環させることが出来るということになります。もちろんエラスチンが減少してしまうと血管が硬くなってしまい、動脈硬化を引き起こしてしまうことがあります。

 

こんなエラスチンに関してですが、加齢によって次第に減少していきますので、皮膚や健康に非常に悪影響が出てきてしまいます。ですので食事、サプリメント、化粧品などで取り入れるようにするといいでしょう。

 

シワやたるみの原因であるコラーゲンとエラスチン

 

シワやたるみを気にしている方というのは非常に多いですが、これらの原因となるのがコラーゲンとエラスチンとなります。今回はコラーゲンとエラスチンの変性について知っておいてもらいたいので、美容を意識しているという方には知ってもらいたいことになります。

 

まずコラーゲンの変性からですが、老化することによって皮膚が薄くなるというのは解明されており、20代をピークにして次第に薄くなっていきますが、それに併せてコラーゲン量も減っていくと考えられています。このコラーゲン繊維は太い繊維が絡み合っており、網目構造となり、これが皮膚の弾力性を出すのですが、外力によってこの網目構造の変性が出てきて、外力がなくなれば元に戻ります。そしてこれにはエラスチンの働きも関わっているということを覚えておきましょう。ただ加齢によってコラーゲンの繊維が細くなっていき、繊維同士の絡みもなくなり、弾力性がなくなってしまいますのでシワやたるみに繋がります。

 

次にエラスチンの変性についてですが、エラスチンというのは弾力性があり伸縮性の源となっているものであり、人体の中で皮膚はもちろんのこと、血管や靭帯などにも存在しているものになります。働きは重要で有り、不足すればシワやたるみが出てきて、さらに腕や脚の曲げ伸ばしにも影響してきます。エラスチンが変性することによって弾力性を低下するだけではなく、不要な弾力性が作り出されるということもあり、それによってシワが固定されてしまうということにもなりかねないので、とにかく不足しないように維持するということを意識しましょう。

 

エラスチンとコラーゲンの違いとはなにか

 

肌というのはコラーゲンやヒアルロン酸などの成分を考えると思いますが、それらに比べるとエラスチンというのはまだまだ知名度としては低いです。ではエラスチン、コラーゲン、ヒアルロン酸などのような成分は何が違うのかについて説明しますが、その前にそれぞれ皮膚の真皮に存在している成分になります。ヒアルロン酸は真皮で水分保持の働きがあり、そしてコラーゲンは真皮で網の目に張り巡らされています。つまりヒアルロン酸が壁となり、コラーゲンがそれを支えているものであり、エラスチンはコラーゲンを強くするものであるという風に考えておくといいでしょう。

 

肌のハリというのは、エラスチン、コラーゲン、ヒアルロン酸が組み合わさって構成されており、そもそも赤ちゃんにはエラスチンはほとんど存在していません。しかし赤ちゃんの肌がプルプルしているのはヒアルロン酸による効果であり、弾力性より柔らかさが強くなっています。またエラスチンというのは25歳くらいまで加齢によって増加していきますが、それ以降は減少していきますので取り入れる必要があります。

 

しかしエラスチンだけを取り入れたところで肌の状態は改善することはありませんので、しっかりとコラーゲンなども取り入れるようにすることが重要になります。もちろんヒアルロン酸も重要になりますので、バランスよく取り入れるということが大事なことであるということをしっかりと覚えておくといいでしょう。とにかく成分を意識するということが大切です。

 

目のクマやたるみは糖化が原因なのか

 

糖化によって肌の老化を引き起こしてしまうという話を聞いたことがあると思いますが、実は目の周りや目のクマ、更に目のたるみにも影響してしまうということになります。そもそも糖化によってコラーゲンやエラスチンに対する影響は繊維芽細胞の機能低下、コラーゲンやエラスチンの変性や硬化などがあり、糖化については繊維芽細胞の機能劣化や停止をしてしまうということになります。

 

更に糖化というのは糖分とタンパク質が結合して肌の老化を促してしまうという反応になりますが、コラーゲンはタンパク質で出来ているので糖化が進行すればおのずとコラーゲンが変性や硬化をしてしまうということになります。更にエラスチンの変性も促してしまい、それによって肌のハリを失うということになります、

 

また糖化というのは黄色化してしまいますので、くすみや黄ばみなどを引き起こし、透明感をなくすと言ったものがあります。食品によって引き起こされるメイラード反応というものですが、肌の色が変化してしまうということを覚えておきましょう。特に目の周囲の皮膚は薄いので影響が出やすくなっています

 

糖化が引き起こしてしまう病気の一つが動脈硬化であり、糖化により糖分と血管内のタンパク質が結合した結果でコレステロールなどと一緒に動脈を狭めてしまい、血液の流れが悪くなってしまいます。血液の流れが悪くなれば目のクマを悪化させてしまうということです。もちろん基本的に改善をしつつ、更にコラーゲンであったりエラスチンなどを摂取して肌の状態を整えるようにするといいでしょう

 

筋肉増加と体重

 

私は、15kgのダイエットに成功しました。その時、まずは運動をたっぷりとしていました。しばらく運動を続けてから、食事制限をしたのです。運動不足だった私には、運動を毎日続けるのは大変でした。毎晩、20時ころに運動をしていました。

 

やった運動は、ビリーズブートインキャンプという、激しいものでした。3か月くらいで、動きについていけるようになりまして、その時に気になることが出てきました。

 

運動をたっぷりするようになってから半年くらい経ったら、体重が増えてしまったのです。頑張って運動をしたのに。ですが、服のサイズは2サイズもダウンしていました。これってどういうことなのか、とても不思議に感じました。

 

ですがよく考えればあたり前のことですね。私は全然運動をしていなかったので筋肉があまりついていない状態でした。それが、運動をすることで筋肉が増加し、その分体重が増えたのでしょう。なぜなら、脂肪と筋肉では、同じ容積においては筋肉の方が重いのです。

 

全く使っていなかった筋肉が、どんどん成長すると体重が増えます。ですが見た目的には引き締まって痩せていくのです。ですから、筋肉によって体重が増えたということは喜ばしいことなのです。

 

筋肉が増えると、基礎代謝がアップしますので、それだけ消費カロリーが増えます。痩せやすい体になっていくという事ですね。とはいえ、食事に気を使う必要もあります。お菓子ばかりたくさん食べていては、太ってしまいます。

 

参考にしたのはこちら!https://webtechindustries.com/

新着情報